彼の頭が心配だからこっそりプロペシア!ついでに一緒にミノキシジル

ミノキシジルの効果

ミノキシジルとは、AGA治療のお薬で、塗り薬とタブレットがあります。
同じ薬でも、AGA治療薬としてみたときに、外用薬(塗り薬)と内服薬のタブレットでは効果や副作用が異なるようです。
ちなみにタブレット・錠剤タイプは処方箋なくしては購入出来ませんが、薬局でも購入できるものとしては、大正製薬から発売されている薬液タイプの「リアップ」や、アメリカ製のジェネリック薬である「ツゲイン」が有名です。
この薬の作用や効果の特徴はというと、有効成分ミノキシジルに由来した血管拡張作用や血流改善作用により、頭皮の血流も促進され、毛乳頭へ十分な栄養を運び、行きわたらせることができるわけです。そのため、フィナステリドを有効成分としたプロペシアの作用が効き辛い額の生え際や、M字の部分にもAGA治療効果が期待できるという嬉しい効果を持ち合わせているとされています。
薄毛に悩む男性には喉から手が出るほどのお薬ともいえるでしょう。

それでは、ここで、多くの人が気になる副作用についても見ていきましょう。
まず副作用の強さ・重度さでいうと、薬液タイプのリアップなどよりも、錠剤タイプのミノキシジル製剤の方が副作用については注意を必要とします。その為、日本では処方箋薬に分類されています。
その内訳はというと、やはり有効成分由来の血管拡張作用に伴う、血圧低下、浮腫、動悸、頭痛などが挙げられます。高血圧や低血圧の持病を持っている人以外でも、高齢の方や未病状態の方、糖尿病などを患っている方は、医師の診断を受けた上での服用が安心に使えるでしょう。しかし、医師の診察料にお困りの場合は、商品のみを海外医薬品通販サイトなどで安価に購入し、定期的に、医師の診察を受け、薬の増減の指示や副作用の発生状況や維持期に合わせた指示をもらうという、薄毛との賢い付き合い方もあり、様々な薄毛治療の選択肢が増えてきた時代になったと言えます。
そして、怖い副作用の一つとして挙げておきたいのが、初期脱毛と言われる症状です。これは、使い始めて1~2週間が経った頃に起こる症状で、体験談をネット上に挙げている方も多いですが、個人差がある副作用のようです。症状が発現しなければそれで良しですが、出現してしまった場合には、医師へ相談し、服用量を調整する等で、この脱毛期間を乗り越える人がいらっしゃるようです。
また、薬局で購入できる薬液タイプの製剤も副作用が少なからずありますので、注意するには越したことがないでしょう。
中でも海外医薬品のツゲインには、他の製剤とは異なる副作用があるので、紹介しておきたいと思います。
それは、ツゲインに含まれたアルコール成分や保湿成分による作用で、報告例が多数挙げられているようです。
内容は、頭皮のかぶれやかゆみなどで、それらの成分に対するアレルギーおよび、過敏症状ですので、この場合は、使用を中止するほかないでしょう。